So-net無料ブログ作成
トップページへ

現在の水槽 [魚]


年末、水槽も大掃除。 きれいになりました。


_DSC0771.jpg




つづきです。


趣味の草いじりグッズ [魚]



アタシもミイラになった感はありますが。
メダカ水槽の水草繁茂を解消すべく、ひとつここは一流器具でモチベーションUP。


DSC03417.jpg
【でもADAではなくDo! aqua】 ←訳わかんないでしょう




つづきです。


魚を買いに行く。 [魚]



ちょっと夕食のおかずには不向きです。


IMG_0276.jpg
【イメージ】




つづきです。


水草水槽 with メダカ [魚]



「もにょ」の亡き後、空になっていた水槽。

そのままにしておくのも淋しいですので、水草水槽に生まれ変わらせます。
メダカ(青ダルマと楊貴妃)も数匹入れました。


mizukusasuiso.jpg


水草はお魚友だちから教えてもらった「侘び草」をいれました。
石に植え込む必要もなく、ぽちょんといれるだけなのでお気軽です。
しかも地上でも育てられます! これはハマりそうです。


少し放置して葉を茂らせた後、きれいにトリミングします。
楽しみです。



さようなら、もにょ [魚]



昨日、もにょが死んでしまいました。
とってもショックです。

今日、埋めてあげます。
短い間だったけどありがとう。



復活の狼煙-Noroshi- と近況。 [魚]



しばらく臥しておりました。


DSC02375.JPG
【不貞寝ではない】


が、体調も結構よくなったということで久しぶりにキーをたたきます。
脈略もなく「もにょ」の近況です。




つづきを読む


愛の水中兵器 [魚]


あれも愛、 これも愛 (中略) きっと愛 (Copyright 松坂慶子)

おさかな仲間から「過保護だ」という指摘をいただきつつ、最新かつ最終(?)兵器を導入。
それがこれ。


DSC01864.jpg


デジタルタイマー付き自動給餌機。
この機器導入の目的は2点。


① 泊まりがけの留守にする予定に向けての準備。
② 行き過ぎた愛情で、エサを与える量とタイミングがブレないようにするため。


何日かもつタブレット状のエサもあるが、もにょにはそれでは忍びなし。
ただ導入に対しては大きな心理的な障壁があり。


「エサをやる」という観賞魚への唯一無二の愛情表現を機械に委ねてしまうことの歯痒さ・・・
他に水槽のこまめな水替えと掃除も愛情表現のひとつだが、やっぱりfeedingは一番の醍醐味!


ただ、溢れるこの愛情こその今回の決意!
他に愛情を向けるべき対象があったりなかったり。
でもうれしそうです。


DSC01862.jpg




住環境を護る最前線部隊 [魚]


うちの「家族」の住環境が著しく悪い。


DSC01779.jpg


「ワインセラーの上のもにょ(※)の水がすごく濁っている。
水槽立ち上げ後、一時期はそれなりに改善したが、あまりにヒドい。
水槽の底に敷いてある砂(ア○ゾンソイル)が犯人と断定。ほぼ泥水状態。
自分も花粉症に悩まされる中、これじゃあスギ花粉充填済みの部屋に押し込められている感覚。

今回アマ○ンソイル(バレバレ)を全廃して炭色系の大ぶり石を導入。
おかげでピカピカになりました。

DSC01831.jpg

ただ人間にとってピカピカに見えても、お魚にとっては洗剤臭がする部屋にいるのと一緒かも。
そこでパイロットフィッシュ(危険いっぱいの最前線部隊)を投入。
ミッションはほんの少し水を汚してもらって、無毒化してくれるバクテリアの発生を待つ。
最終的に小さな水槽の中に生態系を作る。


もにょにとって自分の住処をしつらえてくれる最前線部隊、
コリちゃん(奥)、ドラちゃん(手前)、ここに降臨。
コリドラ.jpg
ともにコリドラスというナマズの仲間。


彼らが危険を冒してくれるから、もにょもがっついてエサをいただけるのです。
コリ、ドラも家族です。もにょも感謝、アタシも感謝。末永くよろしく。

※本当に狭い長屋暮らしなので、小さなワインセラーの上に小さな水槽があります。




I introduce to you... #1 [魚]


DSC01781.jpg
※顔のヒラヒラしたところは鼻、その脇が瞳です。
 決して魚的な気持ち悪さはありません。


先月、「魚」が趣味の友人の紹介でやってきた第3の家族。
らんちゅう(金魚)の「もにょ」といいます。(名付け親はわれわれの母)

魚飼育も2度ほど挫折した経験がありますが、この魚らしくない存在感と愛嬌であれば
何とかなると連れて帰りました。

エサをもとめるアピーリングと「がっつき」具合には、たまに降参ですが
末永く溺愛します。

魚好きには悪いヒトはいないが、変わったヒトが多い気がする。


DSC01788.jpg
※ もにょ MEETS 主 




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。